人と家の関係を考える

記念すべき(?)第一回目の対談のお相手は、一般住宅から高層マンションの設計までを手がける建築家・志柿敦啓氏。氏の作品群を見ると、現代的な洗練されたデザインが並び、およそ家相などとは縁遠そうである。運命学の研究者であるロイ会代表が家相をテーマに話をしようという趣向。果たして話はかみ合うのだろうか??

家相を気にする人は多い?


司会:

さて、では早速お話をうかがっていきたいと思います。まずは志柿先生にお聞きしますが「家相」ってどう思われますか?

志柿:
以下S
んー、まず基本的に、僕たち建築家っていうのは、今までの概念や枠組みをいかに崩してやろうか?今までとは違う何かを見つけたい!というのを常に考えているんですね。建築というのは、ある意味決まりごとだらけの世界ですから、どうにかしてそれを打ち破りたいという欲求があるわけです。ですから、家相というのは正直いって“邪魔なもの”“やっかいなもの”というイメージはありますね。

代表:
以下D

でも、施主さんのほうでは、気にされる方もいらっしゃる訳ですよね。

S氏:

はい。いろいろ注文をつけられることはあります。

D氏:

その様な時はどうするんですか?

S氏:

もちろん、家を建てられる方が主体ですから、できるだけの事は聞きます。でも、お断りしちゃうこともありますね。やはり、家を作るというのはお互いにいいものを作ろうという気持ちでコミュニケーションをとっていくことが大事ですから・・・・。

D氏:

建築家の方々はいわゆる家相についての知識というのはどの程度持っていらっしゃるんですか?

S氏:

ごくごく一般的なもの・・・鬼門と裏鬼門とかってレベルですね。

D氏:

まぁ、確かに大事な部分ではありますが、その家に住む人により、特に気をつける位置というのも変わってくるんです、実際は。

S氏:

住む人それぞれの家相というものがあると?

D氏:

もちろん、基本の決まりごとはあるんですけど、住む人にあった家相というのがあります。逆に、家をみるとそこに住む人がわかると言います。例えば、その家の主人をあらわす場所が欠けていると家を空けることが多いご主人であるとか、亡くなっている場合も・・・。

S氏:

建築家も家はそこに住む人をあらわすと思ってます。だから家相とかではなく、住む人が主体となった家じゃないと・・・と思っている訳ですけど、家相も人に合わせたものがあるとなると、ちょっとイメージが変わってきますね。

D氏:

そこに住む人が良くなるように、幸せになるようにというのが基本ですから。

S氏:

基本は同じということですね。僕も家というのは、建築家の作品ではなく、住まう人それぞれが自分の生き方や生活のスタイルを反映させるものだと考えていますからね。



1/3 次へ>




志柿敦啓建築設計事務所代表
志柿敦啓
[シガキアツヒロ]
・2007〜関西大学 非常勤講師(後期)
・2005〜関西大学,大阪市立大学,明石工業高等専門学校 非常勤講師(後期)
・2002 志柿敦啓建築設計事務所設立
・1993〜2001(株)竹中工務店設計部
・1993 早稲田大学大学院建築史研究室修了
著書
・2007関西電力主催「2006年度E・家・くらし 住まいの設計コンテスト」佳作入選(粉浜K邸)
・2006「AICAジョリパット施工例コンテスト」優秀賞(苦楽園M邸)
・2004第21回住まいのリフォームコンクール優秀賞(住吉K邸)
URL
http://cwoweb2.bai.ne.jp/s-archi/